インプラントとは |北九州市の歯医者・歯科|うえだ歯科

うえだ歯科

〒802-0084
福岡県北九州市小倉北区香春口1-13-1
メディックス三萩野2F

メニュー メニュー

インプラントとは
  • HOME
  • インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を固定する治療方法です。歯が1本だけない場合から全部ない場合まで、広く応用されています。人工歯根材料はチタンという金属で、骨と強く結合する性質を持っています。そのため、自分の骨と人工の歯が直接結びつき、天然歯と同じようにしっかりとかむことができるのです。
インプラントは『第2の永久歯』と呼ばれています。 しっかりとしたアフターケアは当然必要ですが、「自分の歯」を手に入れることができます。
最近では、インプラントの機能性だけでなく、審美性(見た目の美しさ)も重視されるようになってきました。インプラント治療と矯正歯科治療・審美歯科治療などを組み合わせることにより、機能性はもちろんのこと、見た目も美しい口元を手に入れることが可能になってきています。

きちんとしたかみ合わせの大切さ
かむ力が衰えることによって食事が困難になるだけでなく、長期的に胃などの消化器に負担をかけることになります。
また、咬合(こうごう)力の低下は脳への刺激の減少につながり、その結果脳の衰退による認知症が進行するともいわれています。家族と同じ食べ物を自分で食べる喜びは、生きる喜びとしても欠かせないのではないでしょうか?
失ってしまった歯を機能的に快適に補うことは、歯科治療における重要なテーマです。違和感が大きい義歯(入れ歯)や、健康な歯に悪影響を及ぼしてしまうブリッジよりも、インプラント治療のほうが歯を機能的に快適に補うためには適しているといえます。

インプラント治療のメリット

インプラント治療には、たくさんのメリットがあります。

・取り外しの必要がない
・かむ力が強い
・健康な歯を傷めない
・異物感がない
・臭わない
・発音に影響がない
・事故がない
・審美的に優れている
・顎の骨を退化させない
・虫歯にならない
・作り替えがない
・インプラントの審美性

インプラント技術の向上により、インプラント上部は審美の面でも向上しています。